6/28(火)15:40~16:20
資産運用セミナー

vol.15 債券投資の基礎編

※動画視聴IDが必要です。

※動画視聴IDの発行はこちらから

債券の基本の続編となります。信用リスクは債券運用において重要な概念で、信用損失の可能性を吸収する目的で、国債の金利に上乗せされる金利をスプレッドと呼びます。スプレッドは信用リスクと理論的に等価のはずであり、すべての債券の期待リターンは国債と一致するため、高利回り債だからリスクが高い、という認識には論理の飛躍があります。現実の世界において、期待リターンの源泉となっている要素の正体について解説します。

(文責:ティ)
講   師 :森本 紀行
参 加 費 :無料
動画視聴用2022年度資料:https://www.fromhc.com/220628_HCwebinar_15-2.pdf

テーマをよりご理解いただくために
●本テーマに関連した「森本紀行はこう見る」
国債と通貨と金」(2010.6.10掲載)
市場からの信任は国債の安全性を支える基盤になります。国債は債券の中でも安全性が最上位に位置付けられていますが、発行国の基礎条件(経済、政治、通貨の安定性等)が不安定なら、国債であってもデフォルトの可能性があります。国債に限らず、投資を行うには、一見安全性が高いと考えられる債券でも、改めて裏付けになる資産や条件の健全性を分析する必要があります。

●本テーマに関連した「読んで損しない本」 
The Handbook of Fixed Income Securities(編者:Frank Fabozzi)」 
債券の種類や性質、仕組みなど基本的な情報が網羅され、高度な金融工学の事前知識は不要で、全編を通して読みやすい英語で記述されており、基礎的な知識を幅広く身に着けることができます。

Some Lessons from the Yield Curve(John Y. Campbell)」
1995年にサーベイ論文雑誌Journal of Economic Perspectivesへ掲載された、金融理論の大御所Campbell氏による期間構造モデルに関する論文で、高度な金融工学の数学を用いずにイールドカーブの基本的なコンセプトを解説しています。

●本テーマにおいて抑えるべき用語
投資非適格債券(ハイ・イールド債券/High yield bond)

(文責:ティ)

講師・パネリスト紹介

森本 紀行

HCアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長

東京大学文学部哲学科卒業。ファンドマネジャーとして三井生命(現大樹生命)の年金資産運用業務を経験したのち、1990年1月ワイアット(現ウィリス・タワーズワトソン)に入社。日本初の事業として、企業年金基金等の機関投資家向け投資コンサルティング事業を立ち上げる。年金資産運用の自由化の中で、新しい投資のアイディアを次々に導入して、業容を拡大する。2002年11月、HCアセットマネジメントを設立、全世界の投資のタレントを発掘して運用委託するという、全く新しいタイプの資産運用事業を始める。

ご視聴方法

ウェビナーのご視聴には3つの方法があります。何れも費用はかかりません。①オンラインでのご視聴:ZOOMを使用して、リアルタイムでご視聴いただけます。各テーマの講演終了後には質疑応答の時間を設けております。②ウェビナー会場でのご視聴:社内に本格的なスタジオルームを新設しました。代表森本の蔵書も展示しております。③オンディマンド配信動画でのご視聴:ご視聴には動画視聴用IDの発行が必要です。「動画視聴ID発行ボタン」よりお手続きください。ウェビナー開催3営業日後14時半以降、fromHCよりオンディマンドで動画をご視聴いただけます。 動画配信開始は、メールニュース、Twitter、Facebookでもお知らせします。 掲載時にはメールニュース、Twitter、Facebookでお知らせします。
メールニュース登録: https://www.fromhc.com/magazine/index
Twitter: https://twitter.com/nmorimoto_HC
Facebook: https://www.facebook.com/hcasset/
ご視聴のお手続き詳細はこちらのPDFよりご確認ください。

HCアセットマネジメント株式会社

TEL 03-6685-0683 
FAX 03-6685-0686