5/11(火)16:20~17:00
資産運用セミナー

vol.10 産業基盤への金融



多種多様に異なる産業界の資金需要に対して、それぞれに最適の資金供給の方法を工夫することは、現実的に極めて困難です。ただし、金融の供給側の事情によって産業界の資金需要に適切に応えられないような事態は、産業金融の理念に反しているということです。
金融の機能には限界がありますが、公的な制度金融が必要でなくなる方向に民間金融の活力を促進利用していくような政策こそが、本当の産業金融政策というものだと思われます。ところが、我が国の場合、公的金融機能が大きな役割を演じています。やはり、一時的な金融機能の不全のような場合に限られるべきなのでしょう。
問題の要点は、事業の構想だけでは、金融の論理として、簡単には資金供給できないことです。そこで、重要な問題は、調達資金量の総体を、どのような比率で株式と債務(融資や社債)に分かつかということです。これが、金融の基本となる資本構成の考え方です。
現代の金融は、専門化によって、産業界の資金需要に対して産業界の視点で立ち向かうという本来の姿を忘れたのではないか、資本構成の構築という金融の原点を見失ったのではないか、ゆえに、産業金融の理念の復興が必要なのです。

(文責:森脇)


講   師 :森本 紀行
参 加 費 :無料

ご参加/ご視聴にあたって
セミナーのご参加、ご視聴にあたっては以下3つの方法がございます。 いずれの方法でも、費用は無料です。
①オンラインでの参加
ZOOMを使用して、リアルタイムでご視聴いただけます。各テーマの講演終了後には質疑応答の時間を設けますので、こちらからご参加下さい。
②会場での参加
2021年3月、事務所スペースを半減し、大型スタジオルームを新設しました。
スタジオルーム内には代表森本の蔵書コレクションを展示いたします。
③動画視聴用IDの発行
視聴には動画視聴用IDの発行が必要です。下の「動画視聴ID発行ボタン」よりお手続きください。IDは、一度発行いただきますと、fromHCに掲載しているすべての動画が視聴可能です。講演動画は、開催3日後17時までにfromHCへ掲載予定です。掲載時にはメールニュース、Twitter、Facebookでお知らせします。
メールニュース登録: https://www.fromhc.com/magazine/index
Twitter: https://twitter.com/nmorimoto_HC
Facebook: https://www.facebook.com/hcasset/
ご視聴のお手続き詳細はこちらのPDFよりご確認ください。

参加申込/動画視聴ID発行

テーマをよりご理解いただくために
●本テーマに関連した「森本紀行はこう見る」
アセット・アロケーションとアセットの分類を考える軸」(2010.3.25掲載)
アセット・ファイナンスの重要性を説いています。アセット・ファイナンスは、本来企業経営に必要な資産を売却することで、資金調達する方法です。流動化できる対象は、産業全体に共通する要素をもった一般的な資産となり、例えば、オフィスビル、物流施設、運輸施設、エネルギー関連施設といったものです。

産業金融の理念」(2013.1.17掲載)
産業金融の理念において重要な論点となるのは、資本構成の考え方の徹底です。産業金融の主役は産業界のはずであるが、資本構成の優劣の担い手が細分化され、うまくお金を貸す仕組みが取れていないのではないか。資本構成の理念は、細分化された金融業態を超えて、産業界の視点で金融機能の再構築を図ることであり、産業連関の理念は、金融機能を超えて、産業の商流の設計に踏み込んでいくといった論考です。

もう株式投資は古い」(2018.9.20掲載)
事業のガバナンスと企業のガバナンスとをエネルギー開発を例にとり説明しています。エネルギー関連の開発プロジェクトにおいて、事業キャッシュフローの見込みを確かなものにするために、予約購買者を確定しておくこと、工事の遅延等の諸事由に対して、投融資条件を変更できる旨を約定しておくことで、ガバナンスのリスクを管理するといったオブジェクトファイナンスについての考察がなされています。

●本テーマにおいて抑えるべき用語
産業革新機構(INCJ)

(文責:森脇)

講師・パネリスト紹介

森本 紀行

HCアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長

東京大学文学部哲学科卒業。ファンドマネジャーとして三井生命(現大樹生命)の年金資産運用業務を経験したのち、1990年1月ワイアット(現ウィリス・タワーズワトソン)に入社。日本初の事業として、企業年金基金等の機関投資家向け投資コンサルティング事業を立ち上げる。年金資産運用の自由化の中で、新しい投資のアイディアを次々に導入して、業容を拡大する。2002年11月、HCアセットマネジメントを設立、全世界の投資のタレントを発掘して運用委託するという、全く新しいタイプの資産運用事業を始める。

HCアセットマネジメント株式会社

TEL 03-6685-0683 
FAX 03-6685-0686