用語集

規制の虜

2017/12/21更新
金融を例にとると、金融庁が金融機関の行為を規制し、その業務運営を監督しなければならないのは、金融機関を利用する国民の利益を守るためである。しかし、規制当局として、直接に国民に接することができず、金融機関だけを相手にするほかないため、顧客を支配して情報の優位を確立している金融機関の側に誘導されて、意図せずして、顧客の利益よりも金融機関の利益を守る方向に行動してしまう危険がある。これが規制の虜である。規制には、規制遵守の反対効果として、規制を遵守してさえいれば金融機関の特権的地位が保護されてしまうという強い副作用があり、その副作用が勝ってしまう事態が、規制の虜なのである。また、法体系が業態別になっていて、金融庁の構造も、法体系の構造を映して業態別に構成されていることも、規制の虜の重要な要因をなしている。各金融業態と担当する金融庁の部署との間で改革を検討するなかでは、特権として確保された各業態の機能を前提にしてしまい、意図せずして既得権が保護されてしまうことになりかねない。規制の虜を回避するためには、法体系と金融庁組織を機能別に再編し、金融の全業態を横断的に、また金融の外からの新規参入の可能性も含めて、国民と産業界の利益の視点で、制度の設計と規制のあり方を検討する必要がある。

関連記事