リスク

リスク

著者 ピーター・バーンスタイン
出版社 日本経済新聞社
発行日 1998/08
ピーター・バーンスタイン氏著の“リスク”という本は、人類が、紀元前から世の中の色々な物の変動に悩まされリスクをどう取っていくかという行動のよりどころとして、確率という概念を作り上げていく過程を描いた本で、大変面白い歴史物だと思います。


「この本を紹介した人」夜久朗 氏のインタビューはこちら

この本を紹介した人

夜久 朗

Alithion Capital Management Pte. Ltd.Chief Executive Officer / Managing Director

1984年  成蹊 大学工学部卒業後、野村證券入社。
1987年  クラ インオートベンソン証券(現ドレスナー証券)
1990年  SBC証券 (現UBS証券)入社。オコーナー社との共同チームにて、日本人初のデリバ ティブ・トレーダー。デリバティブ理論の習熟と豊富な市場経験を基に、日本株式インデックス オプ ション・トレーディングの第一人者と して活躍。2001年に極東証券入社。
2002年  みず ほ証券にてヘッド・トレーダー、エクイティ部長を歴任。エクイティ・ビジネスの基盤構築・収益拡大の牽引役を果たす。
2006年  コスモ証券にてエクイティ・プロダクツ部長。
2007年  石崎と共に当社設立。

最新の読んで損しない本