用語集

プロジェクトファイナンス

2016/06/27更新
企業等が、大規模でそれ自体ある程度独立して事業キャッシュフローを生み出すような特定の設備、インフラ等を、ある程度長期間に亘って建設する活動をファイナンスする手法。典型的には、当該特定資産のみを担保とした上で、その稼働によって生じるキャッシュフローを回収原資とすることを前提として組成、提供される。企業全体のキャッシュフローを回収原資とするコーポレートファイナンスとは異なる、オブジェクトファイナンスの一つの形態。コストや進捗管理が厳密に行われ易いこと、他の企業活動や財務に影響を与えないなどのメリットがある。

関連記事