フォーラム

第8回産業金融フォーラム

働く人への投資 -創造を生む働き方改革と創造を育む金融のあり方-

主催:株式会社日本政策投資銀行 HCアセットマネジメント株式会社
後援:株式会社日本経済新聞社 協賛:一般社団法人金融財政事情研究会 一般社団法人日本CFO協会
企画協力:地域共創ネットワーク株式会社
2019年9月2日(月) 開催
    セミナーに申し込む

    セミナー内容

     産業とは人の活動であり、産業の担い手が人である以上、産業金融は究極的には人への投資になります。特に、創業への投資は、新規企業への投資という形態をとっていても、実質的には起業する人への投資です。ならば、企業という伝統的な枠組みによらずとも、起業する人への投資には全く新しい方法があり得るのではないでしょうか。
     起業は創造であり、創造は、個人から生まれ、複数の創造が融合するときに事業として芽生え、金融が適切に機能することで育ち、適切な時期に一気に大きな追加金融の取り組みがなされるときに花開くのだとしたら、金融はどのような形態をとるべきなのでしょうか。
     雇用の質が企業の競争力を規定します。企業年金は、従業員の老後生活を保障することにより、その企業への参画意識と就労意欲を高めるものですから、企業年金資産は、人への投資の結果として累積したものであり、高められた人材価値の反映でもあります。では、その管理運用は、いかにあるべきでしょうか。
     今回は、産業の成長を支える人への投資のあり方について、多様な形態と多様な意味を考えます。

    主催者


    アジェンダ

    13:00-    受付
    13:30-14:20 第1部 講 演
            新発田 龍史 氏 金融庁 総合政策局 組織戦略監理官 
    14:20-15:40 第2部 パネルディスカッション
            知が融合する創造の現場への投資
            守屋 実 氏 株式会社守屋実事務所 代表
            昼田 将司 氏 MIP株式会社 取締役
            森本 紀行 HCアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長
            進行:坂本 忠弘 氏 地域共創ネットワーク株式会社 代表取締役
    15:40-16:00 休憩
    16:00-17:20 第3部 パネルディスカッション
            人への投資としての企業年金の革新
            古澤 知之 氏 金融庁 企画市場局 審議官(企業開示担当)
            若杉 敬明 氏 ミシガン大学ロス・ビジネススクール ミツイライフ金融研究センター 理事
            玉木 伸介 氏 大妻女子大学短期大学部 教授
            進行:橋本 あかね HCアセットマネジメント株式会社 常務取締役
    17:20-17:30 閉会挨拶
            地下 誠二 氏 株式会社日本政策投資銀行 取締役常務執行役員


    ※略歴は全て、2019年6月現在のものです。
    ※登壇者は予告なく変更になる場合がございますのでご了承ください。



    セミナー概要
    【日 時】  2019年9月2日(月) 13:30~17:30(13:00開場)
    【会 場】  大手町フィナンシャルシティ Conference Center  ホール1・2
           東京都千代田区大手町一丁目9-7 (地図
    【受講料】  無料
    ※席数に限りがありますので、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承ください。


    講師・パネリスト紹介

    新発田 龍史 氏

    金融庁 総合政策局 組織戦略監理官

    金融庁の組織文化や人事制度の改革に取り組むとともに、人材育成を担当。 1993年大蔵省(現財務省)入省。大臣官房、銀行局、金融企画局、主税局、金融庁監督局、総務企画局、国際協力銀行ロンドン駐在員事務所等を経て、2017年7月より現職。 1993年東京大学法学部卒業、1997年コロンビア大学国際関係・公共政策大学院修了。

    守屋 実 氏

    株式会社守屋実事務所 代表

    1992年にミスミ入社、新規事業開発に従事。2002年に新規事業の専門会社エムアウトを、ミスミ創業者の田口氏と創業、複数の事業の立上げと売却を実施。2010年に守屋実事務所を設立。新規事業創出の専門家として活動。ラスクル、ケアプロなど、複数のベンチャーの創業に参画。博報堂、JAXA,JR東日本スタートアップなどのアドバイザー、内閣府の有識者委員、山东省の人工智能高档顾问を歴任。2018年にブティックス、ラスクル、2か月連続上場。

    昼田 将司 氏

    MIP株式会社 取締役

    1999年に近鉄エクスプレス入社後、2004年にシンガポールの独立系船舶ブローカー、2007年にシンガポールにあるギリシャ系船舶ファンド会社と2度の転職を経て、2010年に独立し、船舶スクラップファンドの組成や、インドネシアでの船舶スクラップの事業を展開。 2016年に日本帰国後、MIPを設立。2017年第二種金融商品取引業者、2018年貸金業者の登録。 日本の船舶投資の多様性の発展を目指す。同志社大学法学部卒業。

    森本 紀行

    HCアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長

    三井生命(現大樹生命)のファンドマネジャーを経て、1990年1月ワイアット(現ウィリス・タワーズワトソン)に入社。日本初の事業として、年金基金等の機関投資家向け投資コンサルティング事業を立ち上げる。2002年11月、HCアセットマネジメントを設立、全世界の投資機会を発掘し、専門家に運用委託するという、新しいタイプの資産運用事業を始める。東京大学文学部哲学科卒業。

    坂本 忠弘 氏

    地域共創ネットワーク株式会社 代表取締役

    1990年に大蔵省入省、財務省主計局、金融庁監督局、金融副大臣秘書官等を経て退官し、2007年に地域共創ネットワークを設立。金融機関の新たなビジネスモデルづくりや成長企業の経営事業支援に取り組む。最近は金融機関の組織変革に関わることが多く、ファシリテーションについても多数の実績。金融機関や上場事業会社等の社外役員を複数兼務。

    古澤 知之 氏

    金融庁 企画市場局 審議官(企業開示担当)

    1986年大蔵省(現財務省)入省。財務省大臣官房総合政策課政策調整室長、国際局為替市場課長を経て、2010年金融庁総務企画局企業開示課長、2011年市場課長、2013年政策課長、2015年監督局審議官(官房担当)、2016年総務企画局審議官(企業開示担当)を歴任。2018年より現職。東京大学法学部卒業。

    若杉 敬明 氏

    ミシガン大学ロス・ビジネススクール ミツイライフ金融研究センター 理事

    横浜市立大学商学部助教授、東北大学経済学部助教授、東京大学大学院経済学研究科教授、東京経済大学経営学部教授を歴任。東京大学在籍中の1990年より現職を兼任。専門はファイナンス。証券取引審議会、情報通信行政・社会保障審議会、国民生活審議会等の前委員。リコー、日本水産の前社外取締役、JFEホールディングス、NTTドコモの前監査役。著書に「企業財務」「入門ファイナンス」等がある。

    玉木 伸介 氏

    大妻女子大学短期大学部 教授

    1979年東京大学経済学部卒業後、日本銀行入行。企画局、情報サービス局広報課長等を経て、2001年、総合研究開発機構(NIRA)に出向、公的年金積立金の運用の研究に従事。2004年、預金保険機構に出向、実務の傍ら、金融システムの安定について研究。2009年、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)出向。2011年4月より現職。社会保障審議会「年金財政における経済前提に関する専門委員会」委員。

    橋本 あかね

    HCアセットマネジメント株式会社 常務取締役

    東京銀行(現三菱UFJ銀行)を経て、1999年4月ワトソンワイアット(現ウイリス・タワーズワトソン)に入社、資産運用ビジネスに関するコンサルティング業務に従事した後、2003年2月HCアセットマネジメントに創業メンバーとして参画。機関投資家向けの資産運用と顧客サービスに携わり、2009年9月より常務取締役として同社の経営の中核を担う。東京大学経済学部経済学科卒業。

    地下 誠二 氏

    株式会社日本政策投資銀行 取締役常務執行役員

    1986年4月日本開発銀行(現日本政策投資銀行)入行。2010年6月特命チーム部長兼経営企画部担当部長、2011年12月執行役員(特命担当)兼経営企画部担当部長兼特命チーム部長、2013年6月執行役員経営企画部長を歴任。2015年6月常務執行役員、2018年6月取締役常務執行役員就任、現在に至る。東京大学法学部卒業。

    リスク・手数料などの重要事項に関するご説明

    お申込み方法

    お申し込みボタンより、入力フォームを開き、必要事項を入力し送信してください。受付完了後、3営業日以内に受付完了メールをお送りいたします。なお、受講票の発行は行いません。

    【キャンセルについて】

    申し込みのキャンセルは、下記連絡先までご連絡ください。
    撮影・録音はご遠慮ください。お守りいただけない場合は参加をお断りいたします。

    HCアセットマネジメント株式会社

    TEL 03-6685-0683 
    FAX 03-6685-0686

    セミナーに申し込む