メンバー紹介

2019年入社

2019年入社
1年目 インタビュー(投資運用機能)

入社の動機

大学時代までは金融には興味がなく、留学したり内閣府の青年国際事業に参加した経験から、英語を使える仕事がいいな、と当初はなんとなく考えていました。
商社やメーカーで仕事をするイメージを抱いていましたが、アセットマネジメント業界をたまたま知り調べてみたら、社会が政治的経済的に混乱しても将来性が期待されていることを知りました。HCは新しい会社ですが、業界の前線を引っ張る社長のもとで働けると思い入社を決意しました。

上司や同僚、部署の雰囲気

個人作業が中心となっているためとても静かな環境です。現在の業務では、何十年もこの業界を専門とする大先輩と仕事をしています。
会社全体としては、年齢層が幅広いため平均年齢は高めとなっておりますが、毎年新卒採用をおこなっているので若手の社員が半分くらいになってきました。
担当の業務は、高度な専門知識が必要とされますが、若手でもやる気や能力次第で責任の大きな仕事を任せてもらえます。

普段の仕事

HCではお客様からお預かりした資産を、海外の運用会社のファンドに投資しています。私の所属するリサーチチームでは、ファンドの運用状況や市場環境をモニタリングし、四半期毎にお客様に報告しに行きます。私は主に、社内、社外向けの資料を作成したり、資産運用セミナーの設置準備を担当しています。

業務を行うことで心掛けていること

お客様の大切な資金を、預かり、運用するため、どんな仕事でも絶対的な正確さが求められます。最初はとても驚きましたが、資料を作成するときは必ず3回資料をチェックしています。緊張しながら数字とにらめっこしていると、動いてないのにかなり体力を使います。
また、社内コミュニケーションを活発にするため積極的にインターンの担当に手を挙げたり、他部署の人と関わる業務を行っています。

仕事で苦労したこと、嬉しかったこと

苦労していることは金融知識の習得です。学生時代には金融とは無縁でしたので、入社してから試験対策本、書籍、証券会社のウェブサイト、新聞などを使って勉強しています。

今後チャレンジしたいことや目標

これからのチャレンジは、今までに教わった業務を、以前より効率よくできるようにしていくことです。同時に業務マニュアルを作って、来年の新卒社員が入社後に、困ったことがあっても業務の助けになるように精度を高めたいと考えています。

社会人になってからした贅沢

思い切って大きなお金を使うことができるようになりました。私は収入に占める洋服の割合が高いです。

学生へのメッセージ

社会人になった途端、感謝の気持ちが今までの倍になりました。社内の人、お客様、友人、両親などには、感謝はすればするほど良いものです。業界を調べるとき、会社を見るとき、人事にお話を聞くとき、多くの人の血のにじむ努力が裏にあったこと念頭に置いて、自分もその努力をこの会社でできるか真剣に考えてみるとよいと思います。多くの業界・仕事について学んだことは社会に出て非常に役に立ちます。

詳しい業務内容はこちら
採用エントリーはこちらへ