メンバー紹介

2017年入社

2017年入社
3年目 インタビュー(投資運用機能)

入社の動機

就職活動の際、「やりたいことが決まっている人をサポートする」仕事を軸として定めていました。当社の経営哲学のうち、「人間の生活に必要な産業のなかで、金融技法の高度化が求められている領域へ投資します」という部分は、需要にこたえるという目的をもつ人へ投資という形でサポートするという意思だと私なりに解釈できました。そして、この当社の哲学が私の軸と合致すると思い、入社を志望しました。

上司や同僚、部署の雰囲気

入社年次や年齢は関係なく意見交換し、お客様のために最善な業務を行うという信条があると感じています。たとえば、信託銀行と計上についてすり合わせを行う際には、お客様の口座の特性を考慮し、お客様にとって最良の計上方法を提案するというように、いかなる場面でもその信条をもとに業務を行っています。

普段の仕事

投資運用のメンバーの投資判断にもとづき約定(売買)を行い、信託銀行と連携する業務を主に担当しています。また、銘柄毎の月末時価の認識について各信託銀行とすり合わせを行う時価連絡の業務も行います。現在、力を入れているものは、事務フローの見直しで、業務の改善も担当しております。

業務を行うことで心掛けていること

正確かつ期日通りに業務が遂行できることを心掛けています。投資判断通りに約定を行うには、約定の対象となる銘柄の申込期日等の条件に合致させなければなりません。そうしなければ、申込みを受け付けてもらえないからです。緊張感がありますが、やりがいのある仕事だと思います。

仕事で苦労したこと、嬉しかったこと

新規業務の担当になった際、手探りで仕事を進めていくしかなかったので、大変だと感じました。率直に申し上げれば、悩みしかなかった状況でした。ですが、周囲の協力のおかげもあり、何とか乗り越えることができました。そして、その業務が終了した際には、達成感を感じました。

今後チャレンジしたいことや目標

事務のプロフェッショナルになることです。現状は、まだまだプロフェッショナルとは言い難い状況ですが、日々の仕事を行ううちに業務知識が積み重なっているのを感じています。今後は、様々な場面で最良の判断のできる人になりたいと思っています。

社会人になってからした贅沢

大金を使う贅沢はほとんどしていません。しかし、ニューオータニのSATSUKIのケーキを頂いたり、自分の好きな時に欲しいものを気負いなく購入したりというように、「自分へのご褒美」という贅沢を心置きなく行っています。

学生へのメッセージ

現時点で業務内容が具体的にわからなくても、仕事をしているうちに徐々にクリアになっていきます。現に、1年目ではよく分からなかった事項が、今になって他の項目とつながっているといいことに気づいたりと、日々クリアになっていく事項が未だにあります。当社にご興味があれば、とりあえずエントリーしてみてもいいと思います。

詳しい業務内容はこちら
採用エントリーはこちらへ