メンバー紹介

2016年入社

2016年入社
4年目 インタビュー(投資運用機能)

入社の動機

投資を通じて社会を繋ぐというHCの理念に惹かれたからです。
漠然とではありましたが、金融業は、投資をすることで企業、あるいは、産業に寄り添うことができるもっとも顕著な立役者なのではないかと思っていました。そして、それが金融の大切な責務であると考えていました。面談の際に、『金融業は究極のサービス業』であるということを熱く語っていただき、その考えに強く惹かれ、自分の身をここに置きたいと思いました。

上司や同僚、部署の雰囲気

プロフェッショナルな方々ばかりですので、入社当初はこの雰囲気の中でやっていけるのかと不安を感じていましたが、実際には、チームワークを重視し、協力し合って業務に取り組んでいます。朝一のメール対応等でも、声を掛け合いながら頻繁に進捗状況を確認し合って業務を進めています。

普段の仕事

運用判断後の事務サポートと報告書の作成といった、お客様の投資管理業務を行っています。
具体的な仕事内容としては、ポートフォリオマネージャーが投資判断した意思決定に伴い、信託銀行や社内で調整を行いながら有価証券に関する様々な事務処理をし、毎月お客様にお渡しする運用報告書を作成する業務を行っています。

業務を行うことで心掛けていること

ミスを限りなくゼロにすることです。大前提として、お客様の資産を信託されているわけですから、その資産をミスで毀損するわけにはいかないからです。扱う金額が非常に大きいため、プレッシャーはありますが、とても責務のある仕事だと思います。

仕事で苦労したこと、嬉しかったこと

海外とのやり取りが多いため、英語には苦労しています。メール文書は英語であることが多く、相手が言いたいことを理解することが難しいことも多々ありました。また、こちらの意図を簡潔に表現することにも苦労しました。しかし、実はこの苦労は同時に、海外の方との意思疎通がうまく取れたとき、それは喜びへと変わります。

今後チャレンジしたいことや目標

現在の自分が担当する仕事をさらに拡張して、お客様にとって最良のサービスを提供できるようになることが目標です。

社会人になってからした贅沢

リゾート地に旅行したことです。国内でも海外でも旅行に行くといつも忙しなく活動してしまうのですが、リゾート地でとことんのんびりしたのは、自分の中ではとてつもない贅沢でした。

学生へのメッセージ

大学生のとき、あるいはそれまでの生活でもいいのですが、何か一つ、これはがんばったといえるものができるといいと思います。何故かといえば、そのがんばったことを価値基準に物事を判断できるからです。基準をもたないフラットな状態では、様々な企業がどれも玉虫色に見えると思います。ですから、自分の基準を育むために全力で遊んで、学んで、たまには、自分は何がしたいのか見つめなおすことができるといいのではと思います。

詳しい業務内容はこちら
採用エントリーはこちらへ