HCセミナー

HC資産運用セミナー Vol.116 2017年8月

事業価値と資本構成

8/22(火) 東京
     セミナーに申し込む

    セミナー内容

    対象者:機関投資家及び資産運用に関連する方々
    ※対象とさせて頂く方以外のお申し込みはお断りさせて頂く場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

    【 内 容 】
     投資の原点は、事業投資です。事業価値とは、企業が事業活動を通じて生み出すキャッシュフローの現在価値です。ある企業の事業自体に事業価値がないならば、その株式も、社債も、その企業への融資も、投資価値がないはずです。
     本来の投資からすれば、株式へ投資すると決めてから、どの企業の株式に投資するかを検討する、あるいは、社債に投資すると決めてから、どの社債に投資するかを検討するというのは、おかしなことです。
     株式や社債などの資産は、裏から見れば、企業の債務です。投資とは、裏から見れば、資金調達活動(ファイナンス)のことです。理論的には、企業の資金調達には、二つの基本形があります。貸借対照表の右側を使う方法、即ち債務を増やすなり、資本を増やすなりする方法と、貸借対照表の左側を使う方法、つまり、資産を売る(アセットファイナンス)ことによる調達です。
     貸借対照表の右側を使う伝統的方法でも、多様な株式と債務を組み合わせた調達(この組み合わせのことを資本構成といいます)が進む以上、資本構成のどこに投資するかという投資家の選択肢が増えています。また、アセットファイナンスから生まれた不動産などの実物資産も、多くの場合、組成方法の中に資本構成を工夫します。
     事業活動を通じてキャッシュフローを生み出すという企業の実体経済活動は変わらなくとも、そのキャッシュフローをリスク特性に応じて投資家に再配分する仕組み(資本構成の法律上の意味)は、多様化しています。
     もはや、単純な株式・債券投資では、有効な分散投資はできません。複雑化した資本市場のなかで、事業投資という原点への回帰が必要になっています。そして、その事業価値に参画する技術論として、資本構成上の選択が、新しい資産配分の基礎になっていくと思われます。今回は、投資の原点である本質的なテーマを取りあげます。

    【 項 目 】
    1. 企業価値と事業価値
    ◎合理性なき多角化と事業経営の合理性
    ◎ガバナンス一体改革
    2. 事業キャッシュフローと資本構成
    ◎事業価値変動と最適資本構成
    ◎インカムの配分
    3. 多様な資金調達の方法
    ◎伝統金融から代替金融へ
    ◎オブジェクトファイナンスの拡大
    ◎資金調達の構造変化による伝統資産の解体

    【本セミナー関連コラム】
    スルメ金融からイカ金融へ



    -セミナー概要-

    日 時 : 8/22(火) 東京
          14:00~17:00(受付:13:30~)

    会 場 : 【東 京】 JAビル カンファレンスセンター 4階 401A
                東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル
                TEL:03-3212-1912(代)

    受講料 : 無料
          定員になり次第、募集は締め切らせていただきます


    講師・パネリスト紹介

    森本 紀行

    HCアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長

    東京大学文学部哲学科卒業。ファンドマネジャーとして三井生命の年金資産運用業務を経験したのち、1990年1月当時のワイアットに入社し、日本初の事業として、企業年金基金等の機関投資家向け投資コンサルティング事業を立ち上げる。年金資産運用の自由化の中で、新しい投資のアイディアを次々に導入して、業容を拡大する。2002年11月、HCアセットマネジメントを設立、全世界の投資のタレントを発掘して運用委託するという、全く新しいタイプの資産運用事業を始める。

    リスク・手数料などの重要事項に関するご説明

    お申込み方法

    お申し込みボタンより、入力フォームを開き、必要事項を入力し送信してください。受付完了後、3営業日以内に受付完了メールをお送りいたします。なお、受講票の発行は行いません。

    【キャンセルについて】

    申し込みのキャンセルは、下記連絡先までご連絡ください。
    撮影・録音はご遠慮ください。お守りいただけない場合は参加をお断りいたします。

    HCアセットマネジメント株式会社

    TEL 03-6685-0683 
    FAX 03-6685-0686

    セミナーに申し込む