用語集

見える化

2016/12/01更新
金融庁が公表した2016事務年度の金融行政方針のなかで、最大の眼目は「見える化」である。顧客が、自らのニーズや課題解決に応えてくれる金融機関を主体的に選択できるように、顧客から金融機関の行動や取組みが良く見えるよう環境整備を行い、「見える化」を通じて、金融機関の取組みが顧客から正当に評価され、より良い取組みを行う金融機関が顧客から選択されていくメカニズムの実現を目指すものである。これは、規制によるものではない。革新と創造は、各金融機関が顧客の視点でベストを尽くすことによってのみ、起き得るのであり、真に顧客の利益を保護するためには、各金融機関は、顧客の視点にたち、創意工夫のベストを尽くし、かつ、ベストを尽くしていることを顧客に訴えていく必要がある。そうすることで、ベストを競う質の高い競争環境を整備していく、これが、当年度の重点課題である。

関連記事