用語集

Regulatory Capture (レギュラトリー キャプチャー)

2016/06/27更新
「規制の虜」即ち、被規制側が優越的な力を持つことによって、規制側と被規制側に力の逆転関係がおこり、規制の実効性が失われる危険性のこと。従来型の規制手法を支持する人は「当局が銀行と対話をすればregulatory captureのリスクが高まる」と主張する。金融庁は「動的監督」により、静的な金融規制を、金融機関との動的な対話で補い金融行政の目的を実現すると宣言している。金融システムの安定と経済成長という二つの目的を目指す上で、金融機関と顧客との間の共通の価値が実現している限り、金融行政は適切に機能しており、それが、金融機関と金融庁との対話によって実現しているとしても、そこに、regulatory captureのリスクを問題とすべき余地はない。

関連記事