用語集

リスクシェアリング

2016/06/27更新
動的な監督」の下では、金融機関は、事業目的の遂行のためのリスクテイクが核になり、ビジネスモデルの個別性が問題となる。ビジネスモデルの個別性とは顧客の特定のことで、特定された顧客との間で「共通価値の創造」を実現することが求められる。「共通価値の創造」こそが、共通リスクの共有、即ち、リスクシェアリングを指す。例えば、資金調達をする顧客の企業に融資を実行する際、資金使途が計画通りに達成されてこそ、「共通価値の創造」が実現するのであって、単なる融資の実行だけでは、「共通価値の創造」にはならない。つまり、資金使途を共通課題として共有するからこそ、貸す側と借りる側の間で、「共通価値の創造」が成立する。

関連記事