用語集

資本構成(キャピタルストラクチャ)

2016/06/27更新
事業を稼働させるためには資産が必要であり、その資産を調達した結果、企業はそれと同額の負債および資本を抱えている。資本構成(キャピタルストラクチャ)とは、貸借対照表の負債・資本側の構成のことであり、その事業キャッシュフローが生み出した余剰利益を資金の出し手=投資家に分配する仕組みを表す。資本構成の位置の違いは、その分配を受ける優先劣後関係を意味し、優先順位の高い順に上から下に記載され、融資は最上位であり、株式は最下位に位置する。下位ほど収益分配を受けるのに時間を要するが、その分、時間の長さに応じた追加収益(プレミアム)が得られるため、インカムの期待値は、キャピタルストラクチャの下位ほど高くなる。

関連記事