用語集

コーポレートガバナンス・コード

2016/06/27更新
コーポレートガバナンス・コードとは、上場企業に対し、中長期的な企業価値の向上について適切な取り組みを求めることを目的として策定された企業が守るべき行動規範であり、Comply or Explainの原則に則って責任を課す。経営者は株主から提供された資本を稼働させるために顧客や従業員や取引先など様々な利害関係者=ステークホルダーと関係を結び、彼らと適切な協働をすることで安定的事業基盤を実現、生み出された利潤は従業員や株主に還元されることで資金が循環する。株主の権利を企業が十分に保護するとともに、企業と株主が適切な距離での対話をすることが求められる。また、社外取締役の設置により企業価値向上を目指した経営がなされているかが確認される。

関連記事