メンバー紹介

2013年度新卒採用

2013年度新卒採用

はじめに。どのようなお仕事をされているか教えてください。

投資管理業務になります。具体的な仕事内容としては、投資運用業務の担当者が投資を決定した後に有価証券に関する様々な事務管理をすることと、毎月、お客様に対しての運用報告書を作成し提出を行う業務です。

この業界は、ある程度経験を積んだ転職者が多く、大学新卒で、HCアセットマネジメント社のような中規模な投資会社に入社する人は珍しいと思います。入社の経緯や動機を教えてください。

就職活動をしていた時は、特に金融業界だけを目指していたわけではなく、様々な業界や会社に目を向けていました。 その中で、自分自身を活かして、やりたいことを考えました。 例えばメーカーだと「モノ」があってですが、金融だと「モノ」は無く、人と人を繋ぐといった目に見えない「サービス」が商品であり、そのような業界であれば自分の人間性を見てもらい勝負できると思ったのです。 自分の人間性や信頼で勝負できる業界だと思いましたし、その中でも、投資という分野は、金融の中でも社会貢献が一番大きい仕事だと考えて決めました。 さらに、弊社社長の森本のコラムの存在も大きかったです。 もちろん学生なので具体的な仕事の想像はつかなかったのですが、投資というのは社会貢献であり、お金が足りてないところに投資して企業の成長に関わり、そして社会を活性化させるということが書いてあり、その理念に共感しました。

新卒入社2年目ですが、実際のお仕事はいかがですか?

先ほど言ったように、有価証券事務であればミスは決して起こってはいけませんし、お客様に対しての運用報告書を作成するのも、毎月お客様へ直接提出するものなので責任がありますし、正確に提出期日までに作成しなければならないので大変です。 今、所属には5人ほどいて、私は10数口座ほどを担当していますが、お客様によって要望が変わってきます。投資先が複数あると報告事項も多くなりますし、一日掛かりで作成しても提出するまでに何度もやり直しになることもありました。 もちろん、最初は大変でしたが、今では運用報告書を早く正確に作成できるようになったので、そこで自分の成長を実感できるという嬉しさもあります。

お仕事で一番苦労する面は何かありますか?

それは、「英語」だと思います(笑)。
入社して一番驚いたのは、やりとりをしていたメールがすべて「英文」だったことです。私は学生時代から特に英語を勉強してきたわけではなく、文法も高校レベルで、ましてや英文を作成するという機会も無い状態でしたので驚きました。
入社前の最終面談で、社長が今後のスキル形成において英語の重要性に関して熱い思いを語られていて、入社前には勉強しましたが、実際には、入社してから仕事の中で鍛えられていきました。
もちろん、今でも海外の取引先担当者の言いたいことやこちらが伝えたいことが言えなかったり理解できかったりするということも多々あります。

しかし、メールを送る際や文章内容は上司や同僚に確認してもらっているので安心です。

上司や同僚、部署の雰囲気はどうでしょう?

入社してまず言われたことは、所属内で「協力し合うのが方針」でした。私自身も自分の仕事だけではなく、いつも何かできることがないかを探して協力しています。
この会社では、「周りに気を配ることが大切」だと言われていて、上司、同僚も頻繁に声をかけて進行状況をみてくれます。
その中で、直接の上司が知識も経験も豊富で、尊敬と同時に、この人を目指し超えてやる!と密かに目標にしています(笑)。

社会人としての生活スタイルについて教えてください。

住んでいるのは神奈川県で、会社まで1時間半ほどかかります。
9時出社で、私が現在、担当する業務では残業はほとんどありません。これは、基本的に海外の取引先とのやりとりが多く、時差の関係で、特に夜遅くまで何かをするという仕事ではないのが大きいと思います。また、所属内では1日の中で決められた時間内に業務を終わらせるよう入社来言われています。プライベートも充実させれば明日の良い仕事につながるからです。

お昼休みは、11時半から2時までの間に1時間とる形で、上司や同僚とランチに行くこともあります。

最後に、これからHCアセットマネジメントを目指す後輩たちにアドバイスはありますか?

弊社は金融大手ではありませんが、一人の社会人の仕事としては、扱う投資金額が大きいので大きな責任や緊張感もあります。それ故、成長や達成感があります。
大企業に比べると、自分が大きな役割を背負い、任されているという実感があると思います。
また、業務改善の提案が、内容が良ければはすぐに反映されたりするのもいいところです。
就職活動では様々な情報に埋もれてしまったり、周りの意見に左右されてしまったりしがちですが、まずは「自分が何をやりたいのか」をはっきりさせていけばいいと思います。

それが一番大切です。

詳しい業務内容はこちら
採用エントリーはこちらへ