メンバー紹介

2016年度新卒採用

2016年度新卒採用

入社の動機について教えてください。

就職活動の際は特に金融業界を目指していたわけではなく、様々な業界を見ていました。その中でHCに入社を決めたのは、面談の際に、『金融業は究極のサービスの提供』であるということを熱く語っていただき、その考えに共感したからです。
製造/生産業であれば生み出したモノに対して、金融であれば提供するサービスそのものに責任を負う。その意味では、両者とも同じだと思います。しかしモノを作るにしてもその原資が必要で、投資をするということは、企業の成長に繋がり、ひいては社会貢献に繋がります。投資を通じて社会を繋ぐというHCの理念に惹かれ、その中で自分も力を発揮してみたいと考えたからです。

普段の仕事はどのようなことをしていますか?

運用判断後の事務サポートと報告書の作成になります。
具体的な内容としては、運用部門が投資判断した決定に伴い、信託銀行や社内で調整を行いながら有価証券に関する事務処理や、毎月お客様にお渡しする運用報告書を作成する業務を行っています。

入社前と入社後ではイメージは変化しましたか?

イメージと少し違ったなと感じたのは、金融ということでピリピリしたムードの中で仕事をしているのかと思っていましたが、社内の雰囲気は明るく、話かけやすいところです。
入社前は、プロフェッショナルな方々ばかりですので、私自身が当初その雰囲気の中でやっていけるのかと不安を感じていましたが、実際に配属された部門では、チームワークを重視し、協力し合って業務に取り組んでいます。朝一のメール対応等でも、声を掛け合いながら頻繁に進捗状況を確認し合って業務を進めています。

仕事で苦労した面はなんですか?

その日その日の業務が、時間厳守のものが多く、ある程度慣れるまでは苦労しました。しかし、担当する業務でわからないことがあれば、すぐに先輩社員の方に確認できる環境があり、わかりやすく教えて頂けました。また、ミスが起きないように進捗状況を逐一確認していますので、安心して業務に取り組めます。
それと、海外とのやり取りが多いため、英語には苦労しています。メール文書は英語であることが多く、相手が言いたいことを理解するのが難しく、なかなか伝わらなかったりしますが、メールを送る際には文章の内容を先輩社員に確認してもらえますので、安心して業務を行えます。

業務のやりがいはどんなところだと感じていますか?

扱う投資金額が大きく、お客様からお預かりしているという責任や緊張感が常にあります。日々行っている有価証券事務であればミスは決して起こしてはいけませんし、毎月作成している運用報告書は、お客様へ直接提出するものなので正確なデータを提出期日までに作成しなければならないので大変です。しかし、こういった責任ある仕事を若手でもどんどん任せてもらえます。担当業務が増えていくにつれ、自分の成長を日々感じるとともに、会社の理念の一端を担っていると感じられるところです。

今後チャレンジしたいことや目標はなんですか?

直近では英語だと考えていますが、今は仕事を覚えることに全力で取り組み、正確かつ短時間で終わらせることを目標としています。今後は自分が今できることは何かを考え、様々な業務を任せてもらえるよう積極的に発言していきたいと考えています。そして、経験を積み知識を高め、自分の業務範囲を広げていき、お客様にとって最良のサービスを提供できるようになることが目標です。

学生の皆さんに一言

私自身は金融を目指していたわけではありませんでしたが、何事もやってみなければわからないというのが信条で入社してからは刺激的な毎日を過ごしています。先輩社員を見ていると、全力で様々なことにチャレンジしています。また、資産運用はグローバルに繋がっていますから、そのダイナミズムに最前線で触れられることは非常に貴重な経験です。HCでは若手でもどんどん挑戦させていただけるので、プレッシャーはありますが毎日が楽しいです。
就活では様々な情報に翻弄されがちですが、まず自分はどうしたいのかを考える必要があると思います。私自身は自分を見つめ直したからこそ、面談の際に聞いた会社の理念が心に響き入社することとなりました。先入観を持たず、積極的にチャレンジしていくのが大切だと思います。

先輩社員のとある一日
詳しい業務内容はこちら
採用エントリーはこちらへ