銀行員大失業時代

銀行員大失業時代

著者 森本 紀行
出版社 小学館
発行日 2017/8/1
「銀行員大失業時代」銀行員の方は一瞬めまいがするようなタイトルです。

フィンテック(Fintech)の発達によって、日本の金融業界はいま、変化の潮目にあります。
人間にしかできないことと、機械によって効率化できることとの住み分けが始まっています。
フィンテックの本質を理解し、一個人として、今後どのようにして付加価値を生み出すことができるのかを、考えていかねばなりません。

確かに、銀行員が大幅に削減されるのは時代の流れです。銀行員という独特の呼称すら無くなってしまうかもしれません。
しかし、お客様のことを常に考え、お客様の利益を最優先する人は、機械に代替されることはなく、失業どころか活躍の場が広がるのではないでしょうか。

本書はそのような人にエールを送る内容だと思います。

この本を紹介した人

杉本 理華

HCアセットマネジメント株式会社

2015年にHCアセットマネジメント株式会社に新卒で入社。 ポートフォリオマネージャーのサポートをしながら、顧客本位の業務運営に携わる。 中央大学商学部卒業。


最新の読んで損しない本