捨てられる銀行2 非産運用

捨てられる銀行2 非産運用

著者 橋本 卓典
出版社 講談社
発行日 2017/4/19
森金融庁長官が進める金融大改革を説いた、『捨てられる銀行』の続編です。
今作ではタイトルの通り、顧客本位の業務運営とは程遠い、日本の投資信託市場の悲惨な現状と、国内外金融機関各社の取り組みが紹介されています。
第三章では、弊社のフィデューシャリー宣言のエッセンスと、社長森本のコメントをご紹介いただきました。
その投資信託は誰のためのものか、自分が買えない商品を売ってはいないか。
前作と合わせて金融機関に勤める方々にお勧めしたい本です。

この本を紹介した人

杉本 理華

HCアセットマネジメント株式会社

2015年にHCアセットマネジメント株式会社に新卒で入社。 ポートフォリオマネージャーのサポートをしながら、顧客本位の業務運営に携わる。 中央大学商学部卒業。


最新の読んで損しない本